おいしい飲み物

日本茶なのに新しい飲み物って?日本橋「おちゃらか」素敵なお店とお茶の感想

 

マスカットやマンゴーフレーバーの緑茶、焼き芋やバナナチョコフレーバーのほうじ茶を、あなたは飲んだことがありますか?

東京・日本橋のコレド室町内にある「おちゃらか」というお店は、緑茶やほうじ茶といった日本茶を扱うお店。

だけど、フランス人が店主のこのお店は、よくある日本茶のお店とはちょっと違うんです😉

日本橋「おちゃらか」とは

おちゃらか外観 おちゃらか外観

メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅のA6出口を出たらすぐにあるこちらのお店「おちゃらか

日本茶のお店ですが、店内に入るとほんのり甘い香りが漂います。

それもそのはず、おちゃらかで扱っているのは、国産の厳選した緑茶やほうじ茶などに、花・果物・スイーツの香りと彩りをのせたフレーバー茶だからなのです。

オーソドックスな日本茶もあります。

 

フレーバー茶の一部をご紹介しますね。

  • 緑茶…オレンジ、桃、巨峰、ラフランス、木苺、マンゴーなど
  • ほうじ茶…焼きりんご、チョコミント、焼きいも、バナナチョコなど
  • スペシャルブレンド…ウェディング、バースデイ、和コーラなど
  • 季節のお茶(期間限定)…金木犀、さくら、すいかなど
りっこ
りっこ
どれもこれも、日本茶のイメージとかけ離れていて、どんな味か想像がつきません。

「おちゃらか」のフレーバー茶の気になるお味は…

茶箱がたくさんある店内にたくさんある素敵な茶箱。見てるだけで楽しい

これだけたくさんのフレーバーがあると迷ってしまいますよね。

そんなときは、茶葉を見せてもらえたり、余裕があれば試飲することもできます。

バナナチョコ 焼きいも

私がお店へ行ったとき、いただいた試飲カップには、緑茶の「木苺」が入っていました。

さらに、期間限定のほうじ茶「金木犀(きんもくせい)」も気になっていたところ、用意があるということで試飲させてもらえました😋

りっこ
りっこ
飲んでみると、上品で渋みのある緑茶、ほうじ茶の味に、ほんのりと木苺や金木犀の香りがするのです。

”とっても個性的な味なんだろうな”という飲む前の予想が大いに外れました。

日本茶・ほうじ茶の苦みが、フレーバーによって抑えられるので飲みやすく、味そのものは日本茶・ほうじ茶なので、日本茶と紅茶の良いとこどりのような感じです。

また、茶葉の見た目にもこだわりがあり、目で見ても楽しめる仕様になっています。

 

 

「おちゃらか」の店主はフランス人のステファン・ダントンさん

新しい日本茶の楽しみ方を教えてくれる「おちゃらか」。

日本人のお店ではなく、フランス・リヨン出身のステファン・ダントン氏によるお店なのです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. . . 9月13日(木)15時放送のTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」のゲストコーナー『おもしろい大人』にステファン・ダントンが出演します! 生放送は9月13日(木)15時~15時25分。 ラジオはFM90.5/AM954 パソコン(スマホ)は「radiko」http://radiko.jp/#!/live/TBSからどうぞ! 聞き逃した方は「TBSラジオクラウド」https://radiocloud.jp/archive/tama954で! 皆様お楽しみに☺️🙌 . . #おちゃらか #ocharaka #東京 #tokyo #中央区 #日本橋 #コレド室町 #日本茶 #japanesegreentea #フレーバーティー #フランス #ソムリエ #ステファンダントン #緑茶 #ほうじ茶 #和紅茶 #ラジオ #radio #赤江珠緒たまむすび #おもしろい大人 #赤江珠緒

株式会社おちゃらかさん(@ocharaka_japan)がシェアした投稿 –

ステファンさんは1992年来日以降、日本茶に魅せられ全国各地の茶産地を巡ったのち、2005年に日本茶専門店「おちゃらか」を開業されました。

日本茶の可能性を広げるには、日本茶を愉しむ層を新たに開拓することが不可欠だと、ステファン・ダントンは考えます。これまでの高尚な文化としての「茶道」やお抹茶、玉露といった高級茶は、若者や外国人には敷居が高く、楽しみ方も難しいととらえられています。
「おちゃらか」では日本茶世界への入り口として、果物、花、よもぎや昆布といった日本独特の植物の香りを緑茶やほうじ茶につけたオリジナルフレーバーティーを開発、提供しています。

引用:おちゃらか公式サイト(コンセプトより)

 

りっこ
りっこ
日本茶は日本人にとってもどこか難しい、と感じたことはありませんか?

良いお茶は値段が高い、正しい飲み方がいまいち分からない、ときに”苦み”がきつすぎる…

日本人がそのような感覚なのであれば、海外の方にとっては、よりとっつきにくいものでしょう。

そこでステファンさんは、日本茶の敷居を低くするために「フレーバーティー」を取り入れました。それが前章での、木苺フレーバーの緑茶や金木犀フレーバーのほうじ茶というわけです。

 

日本茶とフランス人…一見、意外な組み合わせですが、

ステファンさん独自の視点を取り入れたこの日本茶が、日本茶になじみのない日本人や海外のお客さんに、「日本茶は美味しい、面白い」と感じてもらうきっかけになること間違いなしです。

ステファン・ダントンさんについてもっと知りたい方はこちら▼

ブログ >>ステファン・ダントンの茶国漫遊記(タビリスタでの連載)
facebook >>おちゃらかのfacebook

 

「おちゃらか」で購入したバナナチョコのほうじ茶!

私は「おちゃらか」でバナナチョコフレーバーのほうじ茶を購入しました。

バナナチョコのほうじ茶 バナナチョコの中身

香りは、バナナチョコそのもの。封を開けたとき部屋が甘~い香りにつつまれます😁

おちゃらかのお茶はどんな飲み方をしてもOK。好みに合わせてお湯だし、水出し、ミルク出し、炭酸やアルコールで割って楽しむことができます。

今回は、お湯だしで試してみました。1回分約4gで2度だし、3度だしと楽しむことができます(袋は30g入り)

茶葉4gを計量 出来上がったほうじ茶

確かに香りはチョコバナナですが、味はほうじ茶。甘い香りがほうじ茶のえぐみを抑えてくれて美味しいです。

りっこ
りっこ
チョコバナナは香りが少し強いので、ミルク出しが合いそうです。店員さんもミルク出しをおすすめしていました。

お湯だしでそのまま飲むのであれば、チョコバナナよりお店で試飲した「金木犀」の方が個人的に好みです😊

詳しい淹れ方、楽しみ方はこちら▼

おちゃらかのおすすめの飲み方(公式サイト)

 

おちゃらかの店舗情報

住所東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1- 地下1階
最寄り駅地下鉄銀座線「三越前」駅、A6 改札すぐ
営業時間10:00~21:00
電話番号03-6262-1505

※以前は東京・吉祥寺にお店がありましたが、現在の店舗は日本橋(コレド室町)のみです

りっこ
りっこ
コレド日本橋ではなくコレド室町の方なのでお間違いなく!

コレド室町1のB1階、「タロー書房」の隣にあります。

日本橋「おちゃらか」のまとめ

おちゃらかの日本茶は、これまでの日本茶とは違う楽しみ方を私たちに教えてくれます。

日本茶が苦手な方、海外の方におすすめなのはもちろんのこと、日本茶が大好きな方にも新しい発見があるのでおすすめです。

りっこ
りっこ
私は普通のほうじ茶も大好きです。

今回トライしたフレーバー入りのほうじ茶も美味しく楽しめることができました。

店内には全国各地からセレクトしたオーソドックスな日本茶も取り扱っているので、フレーバー系とセットにしてギフトにするのも良さそうです。

気になった方はぜひ、お店へ行ってみてくださいね。公式サイトではオンラインショップもありますよ。

店内のギフトセットコーナー

 

以上、りっこ( @riccopico)による、気になるお店「おちゃらか」のご紹介でした。

同じカテゴリーの記事