文具

余ったハガキ・書き損じハガキで人の役に立ってみない?

 

こんにちは、りっこです。

1月も半ばに入った先日、お年玉付き年賀ハガキの当選番号が発表になりましたね。

あなたはもう確認されましたか?

まだならこちらの『2018お年玉商品のご案内|ゆううびん.jp』より確認してみてくださいね。当選してるかも!(^^)

 

ところで、当選している年賀ハガキは郵便局に持っていくとして、あなたはこんなハガキを持っていませんか??

・余った年賀ハガキ
・書き損じハガキ

 

このようなハガキは、郵便局に持っていったら切手に換えてもらえるけど、「切手もそこそこあるしなぁ…」というあなた。

このハガキで寄付してみませんか?(^^)/

 

余ったハガキ・書き損じハガキは寄付になる

 

余ったハガキ・書き損じハガキは、様々な協会・団体で集めており、色んな用途で役立っています。

 

例えば52円ハガキの換金が40円で計算すると…こんなことができるそうです。

・ポリオから子どもを守るためのワクチン2回分
・下痢で体から水分を奪われて命を失うことを防ぐ経口補水塩4袋分
・失明を防ぐためのビタミンAのカプセル40錠分

ユニセフ(インプレス社経由)※期限あり

 

・書き損じハガキ1枚…ネパールでは鉛筆7本

日本ユネスコ協会

 

・はがき1枚で家事使用人として働く少女たちが読む絵本1冊分
・はがき10枚(約400円)で家事使用人として働く少女たちが読み書きを学ぶ授業を1回開催
・はがき25枚(約1,000円)で家事使用人として働く少女が新しい料理を楽しみながら覚えられる料理教室1回分の食材を買うことができる

シャプラニール

 

少ない枚数でも、これだけのことができるんですねヽ(゚Д゚;)ノ

書き損じハガキが寄付できることは何となく知っていましたが、これは知りませんでした。

大手の団体から小規模のNPO団体まで、書き損じハガキを集めているところは多いので、サイトなど見てみてくださいね(^^)
※期限があるところもあります。

 

ハガキ⇒寄付の流れとは?

ハガキが寄付になる流れも見てみましょう!

 

  1. 余ったハガキ・書き損じハガキを集めて団体に郵送する
  2. 【団体】ハガキを郵便局に持っていき、切手シートに換えてもらう
    (1枚あたり5円の手数料)
  3. 【団体】切手シートを換金ショップにて換金してもらう
  4. 【団体】買取額がそのまま団体の活動への寄付に

 

私たちは、ハガキを郵送するだけ!簡単ですね(^^)/

 

 シャプラニールという団体について

実際にハガキを送って寄付をしようと思っても、様々な団体が書き損じハガキを集めているので、一体どこへ寄付していいのやら…となるかもしれません。

その場合は、あなたが興味のある分野で活動をしている団体を探して送ればいいと思います。

 

私は、海外の貧しい国・地域において学びたくてもそのような環境がない子どもたち(特に女の子 )に支援する活動に興味があります。

シャプラニール(特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会)という団体も、

家事使用人として働く少女への支援(バングラデシュ)をしていたり、

フェアトレードを通じて生産者の生活支援(子どもを学校に通わせる現金収入ができるなど)をしていて、応援したいなあと思っていたので、こちらにハガキを送ることにしました!

 

 

実際に送ってみた

実際に送ってみたいと思います。

 

私の手元に11枚、余ったハガキがありました。(残念ながらお年玉に該当する当選番号はなし笑)

送ってない方から年賀状が来た時に、急いで多めに買った市販の年賀状です。あと通常の官製はがきも数枚。

 

封筒に入れて、切手を貼って、シャプラニールに送ります。自分の住所も忘れずに書きましょう!

【宛先】

〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2−3−1
シャプラニール 「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」係

 

キャンペーン名はもう少し短くてもいいんじゃないかな…

 

ハガキ11枚+封筒(長3)で、重さ35gでした。

重さ25g以内は82円、50g以内は92円の切手が必要です。(定型郵便の場合)

 

こんなハガキなら寄付できる

  • 未投函の官製はがき
    →2017年6月1日の値段変更前のものでも、後のものでもOK
  • 使わなかった・書き損じた年賀はがき
    →昔の年賀ハガキでもOK
 

 

個人情報が書いてあってどうしても気になる場合は、黒いペンなどで塗りつぶしましょう。

 

シャプラニールの情報をもとに書きましたが、他の団体も同様のところが多いです。念のため、送る前に条件などをチェックしてくださいね。

 

おわりに

余ったハガキや書き損じハガキが2~3枚しかないから、寄付するのもどうかな?とためらっている方もいるかもしれません。

ですが、先ほど見ていただいたように、1枚でも役に立てることはあります。

それに、同じように思っている方が10人いたとしたら、20~30枚になります。

勇気を出して寄付しちゃいましょう(^^)/

私たちの余ったハガキや書き損じハガキが誰かの役に立てば、嬉しいですね。

 

それでは本日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

りっこ(@riccopico)