育児

赤ちゃんのミルクを早く冷ます方法。とっても簡単な方法をご紹介します。

赤ちゃん用のミルク

 

赤ちゃんにミルクをあげるとき、少しでも早く作ってあげたいのに、「なかなか冷めない…」という経験はありませんか?

りっこ
りっこ
ずっと水道の流水にあてていると、手が冷たいし、お水がもったいない!

⇒流水をあてれば、すぐに冷めるものだと思っていたのに、全然冷めないんですよね。

「いい感じになったかな?」と思ってお水から離してみたら、まだアッツアツだったなんてことも。
手で哺乳瓶を持って流水にあてている間は他のことできないし、お水がもったいないし、いいことなしです。

 

りっこ
りっこ
ボウルに入れていると、いい角度をキープできず充分に冷めていない部分がある…

⇒ボウルだと高さがなく、可動域が広いため、哺乳瓶がちょうどいい位置で止まってくれません。
氷を入れるのもアリですが、ミルク作るたびに氷を使うのは、もったいないし、面倒ですよね。

 

そんなときは、これから紹介する方法を試してみてください(^^)熱々のミルクがかなり早く冷めますよ♪

 

ミルクを早く冷ますために用意するもの

必要なものはたったこれだけです。

用意するもの
  1. 冷ましたいミルク(哺乳瓶入り)
  2. ケース(100円)
  3. 保冷剤1~2つ

②のケースは、100円均一などに売っている収納用のケースです。フタは捨てました。

私が買ったのは、大きさは縦12cm、直径11.5cm。確かダイソーで購入しました。
このくらいの大きさなら長い哺乳瓶(240ml)でも冷ますことができます。

ミルクの冷まし方

やり方はとっても簡単!

ケースの中に哺乳瓶を入れて、お水を入れて、保冷剤を入れるだけ。寝ぼけててもできちゃいます(^^)

ケースに哺乳瓶と保冷剤を入れる

たったこれだけ!簡単ですよね(^^)

なぜボウルではなく、このようなケースを使うかというと、哺乳瓶とお水と保冷剤がしっかり密着するので、早く冷やすことが出来るんです。

最初はボウルを使用していたんですけど、この100円ケースの方が早く冷えるし、場所も取られないし、哺乳瓶もぴたっと固定できるし、良いことづくめでした。

この方法の良いところ

この方法でミルクを冷やせば、楽なのはもちろん、こんな良いことがあります。

●ケースも保冷剤も何度でも使用できるから、エコ!
⇒ケースも保冷剤もささっと洗って乾かせばOK。保冷剤は乾いたらまた冷凍しておけば使えます。

●安くすむ
⇒ケースは100円。保冷剤はケーキ屋さんなどに行ったときにもらえます。3~4個あると便利ですよ。

●ムダがない
⇒氷を使うことなく、お水も最小限で済むので、ムダがありません!

●早く冷める
⇒流水やボウルで哺乳瓶を冷やしていたときは、15分くらいかかっていましたが、この方法だと5分~7分くらいで冷めます。
もっと早く冷ましたい場合は、保冷剤2個入れちゃいます。

りっこ
りっこ
想像以上に急速に冷めていくので、冷やしすぎには注意してくださいね!

 

おわりに

今日ご紹介した方法だと、湯冷ましがなくても、早くて、簡単で、安くミルクを冷ますことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ウォーターサーバーがあれば最短でミルク作りができます。
関連:ウォーターサーバーでの赤ちゃん用の粉ミルクの作り方(フレシャス使用)

りっこ
りっこ
ウォーターサーバーあると、冷ます作業は不要なのに、なぜこの方法をしていたかというと、湯冷ましを知らなかったからです(笑)

 

あなたの育児が少しでも楽になりますように。それでは、この辺で(^^)/