映画・ドラマ

【感想・あらすじ】『ブリグズビー・ベア』は優しい涙を流せる良質映画!

 

2018年6月23日から上映が開始された映画『ブリグズビー・ベア』

テレビで紹介されているのを見て気になっていたのですが、見に行くことができました。

結果は、、、見に行って本当によかったです!


夫に時間調整をお願いして、むりやり見に行ったかいがありました。

映画を見て2日以上たっていますが、いまだにほっこり温かい気持ちが続いています(*´∀`*)

映画『ブリグズビー・ベア』とは?

サンダース映画祭、カンヌ映画祭ほか、世界中の映画祭で話題騒然。
「サタデー・ナイト・ライブ」のスタッフがおくる、可笑しくてちょっぴりせつないハートウォーミングストーリー

公式サイトより

 

映画のあらすじ(ネタばれなし)

主人公ジェームスは、両親と3人で暮らす25歳の青年。

地下の部屋から許可なく上がることは許されていないものの、仲の良い両親と、子どもの頃から毎週ポストに届く“くま”の教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」により、少し退屈さを感じながらも平和な生活を送っていた。

そんなある日、警察がジェームスを連れ去り両親は逮捕されてしまう。実はジェームスが両親だと思っていた2人は、25年前にジェームスを連れ去った誘拐犯だったのだ。

突然訪れた「外の世界」で暮らすことになったジェームス。

ただでさえ今までの生活とは全く違い混乱しているのに、誰もが知っていると思っていた番組「ブリグズビー・ベア」は、偽の両親がジェームスのためだけに作っていたため、二度と新作は見られないと知って落胆を隠せない。

そこで彼がとった行動は、自ら「ブリグズビー・ベア」の新作を作ることだった…。

映画『ブリグズビー・ベア』の感想

予告編を見ていたので、そんなにシリアスな映画ではないことは知っていましたが、

「25年前に誘拐」「地下室に閉じ込められる」「謎の教育番組しか見てはいけない」というどう考えてもハードな設定で、ハートウォーミングなストーリーって無理があるのでは…と観る前までは思っていました。

だけど、主人公の好きなものを好きだと言う純粋さ、周りの人たちの、そのままのちょっと変わり者の主人公を、葛藤しながらも受け入れようとする温かさ。

めちゃくちゃハートウォーミングでした。

笑える箇所も多いんだけど、じんわりと心が温かくなって涙が出てきて、映画が終わったあとも、その温かさをおすそ分けされたような気分になりました。

あと、特にスターウォーズファンの方は、偽父の役を演じるマーク・ハミルを見るだけでも価値があると思います。

 

こんなあなたにオススメの映画

『ブリグズビー・ベア』はこんなあなたにオススメの映画です♪
(もちろん、みんなに見てもらいたいのだけど)

  • ほっこりじんわり心が温かくなる映画を見たいあなた
  • 大勢で見るより、一人や少人数で見れる単館系映画が好きなあなた
  • 優しい涙を流したいあなた
  • 自分の趣味がなかなか受け入れてもらえないあなた
  • 夫や妻、子供の趣味を受け入れることができないあなた

 

映画『ブリグズビー・ベア』の上映情報

上映期間は7月上旬までなので、気になっている方は今すぐ映画館へ行ってください。

日程と上映されている映画館はこちらでチェックできます

東京では、「新宿シネマカリテ」と「ヒューマントラストシネマ渋谷」で見ることができますよ(^^)

それでは、この辺で。

映画『ブリグズビー・ベア』公式サイトはこちら