人生のヒント

美容室を変えるって勇気がいるけど、やってみた!

 

あなたは『美容室ジプシー』という言葉を知っていますか?

この表現が適切かどうかはちょっと置いておいて、、、このような意味です。

 

美容室ジプシーとは…

お気に入りの美容室、美容師さんが見つからず、いつも新しい美容室を探し求めている人のこと

「gypsy(ジプシー)…放浪する人」に由来する

 

 

twitter上でも、たくさんの美容室ジプシーさんがさまよっていました。

 

美容室ジプシーをやめたい!と思う方はたくさんいると思うのですが、私はあえて、美容室ジプシーになることを恐れないことにしました。

今通っている美容室が、気に入っているわけではないけれど、通い続けてしまうというあなたにぜひ読んでほしいです(^^)

 

美容室ジプシーとは対極だった私

美容室ジプシーになることを恐れないと宣言するくらいなので、私はその対極にいました。

りっこ
りっこ
美容室をコロコロ変えるのが苦手で、大きな不満がない限りは、特別好きではなくても同じ美容室に通い続けてしまうタイプです…

 

美容室や美容師さんを気に入っていて、何年も同じところに通っているのであれば、それはとても素敵なことなのですが、私の場合はそうではありません。

大きな不満がない限り、特別好きではないけれどまた通っちゃうんです。

”大きな不満がない限り”、”特別好きではない”…言い換えれば、”小さい不満はある”、”いわば普通”。

美容院を出た後に、「どうしようかな、次回は美容室変えてみようかな」という考えが浮かぶものの、次回も結局同じところに予約しちゃうんですよね。

まず、どうしてこうなるのか考えてみました。

 

なぜ同じ美容室に通い続けてしまうのか考えてみた

いくつか理由を考えてみました。

 

① 新しく探すのがめんどくさい

通えるお店がAとBの2ヶ所しかなければ、AをやめてBに行くまでですが、どこに行っても美容室がある時代。

多くありすぎて選ぶのが逆に大変で、結局同じところに予約するパターンです。

 

② 美容師さんと新たに関係性を築くのがめんどくさい

通い慣れたところなら、あなたの髪質や好み、人柄を把握してくれているでしょう。

例えば仕事柄、カラーが出来ないことも把握しているので、明るめのカラーを勧めてくることはありません。

「今日はお休み?お仕事は何を?」「ご結婚は?」と聞かれることもありません。

新しい美容室に行くと、またカルテ書きから始まります。

 

③ 数回は通わないと、美容師さんも力を発揮できないんじゃないかと妙な気遣いをしてしまう

初めて行った美容室がしっくりこなくても、まだ1回目だからもう1回通って様子を見ようと通ったら最後、

2度目も3度目も同じように思い、通い続けることになります。

 

④ 友達や家族に紹介してもらった

兄弟姉妹、お友達に「いい美容室ない?」と聞いて紹介してもらった手前、1度行ったきり美容室を変えるのが申し訳なく思ってしまう…

担当が同じ人の場合、なおさらです。(だいたい同じになるシステム)

 

⑤ 多少のことは我慢してしまう

出来上がったスタイルが多少イメージと違ったり、会話が噛み合わなくても、よっぽどでなければ「…こんなものだよね…うん」と納得してしまいます。

口コミに悪いことを書くことはもってのほか、自分の胸にしまってしまいます。良く言えば優しい、悪く言えば愛がない。

 

同じ美容室に通い続けてしまう理由として、このようなことが考えられますが、

あなたに当てはまること、ありましたか?

 

本当にそれでいいの?

 

先ほど挙げた理由から、違和感を覚えつつも同じ美容室に通っていた私。

 

本当にそれでいいんだろうか??

 

① 美容室にかけるお金は月5,000円くらい

美容室に1ヶ月に1回行くにしても、2~3ヶ月に1回行くにしても、だいたい月5,000円くらいになると思います。

月5,000×12=60,000。1年換算すると約60,000円。

パーマをかけたり、お家用のケア用品を美容室で購入する場合はもっと高くなります。

それだけのお金をその美容室にかけているんです。

 

② 貴重な時間を割いている

最近は個室完備の美容室も増えていて、小さいお子さんを連れて行く場合もあると思います。

私は美容室に行くときくらいは一人の大人の時間を楽しみたいので、夫に預けていきます。

まとまった一人の時間をもらえるのは、月に1~2回。その貴重な一人の時間を、微妙だと思っている美容室のために割いているんです。

 

③ 癒される場所なのに、逆に気を遣っている

美容室に純粋に、髪の毛のカット技術だけを求めているならまだしも、「癒し」とか「居心地の良さ」を求めている方は多いと思います。

実際に、ホットペッパー ビューティーのお店の紹介を見ると、「癒し」とか「居心地の良い」というワードを見かけます。

だけど、例えば美容師さんに質問をされたから答えても、その後の返答が「そうなんですか…。」で終わって、こっちが気を遣って会話を投げかけたり…

「あれ、私が気を遣ってる…」なんてことが起こったりします。

 

もう一度いいますが、本当にそれでいいの??

 

冷静に考えてみると…

このように冷静に考えてみると、何だか悩んでいるのがおかしくなってきませんか?

あなた一人がその美容院に行かなくなったからといって、その美容室が潰れるわけではありません。

もし潰れたとしても、それは同じように思うお客さんが多かったわけだから、あなたのせいではありません。

貴重な時間と稼いだお金を、もっと満足のいく美容室へ使うことを考えてみてもいいのではないでしょうか?(^^)

 

美容室ジプシーを恐れないことにした

 

そういうわけで、私は思い切って美容室を変えてみることにしました(^^)

先日、今までとは違うところに行ってみたのですが、そこで美容室ジプシーになることでのメリットを感じたので書いてみます。

 

① 初回クーポンが使える

ホットペッパー ビューティーで予約をすると、初回のみ使えるクーポンと、2回目以降に使えるクーポンがありますが、

圧倒的に初回クーポンの方が多いですし、内容も充実しています。どこの美容室も新規客を狙っているんですよね。

初めての美容室に行くと、お得なクーポンが使えるので安くなりました(^^)

 

② 過度な期待をしなくなる

美容室ジプシーになっても構わないというスタンスなので、

りっこ
りっこ
この美容室が合わなくても、また他の美容室を探せばいいから、はずれでもいいや(^^)

 

と思えるようになりました。

もちろん、お気に入りの美容室、美容師さんが見つかって、そこに通えればそれが一番幸せなことだと思います。

私もそのつもりで新しい美容室を探しています。

だけど、相性の合う、合わないは必ずありますよね。美容師さんも人間なので、話すのが苦手なタイプな方もいれば、おしゃべりさんもいる。

今までの私は、美容室に100点満点を求めていた気がします。

 

③ 自分が何を求めているか分かる

私は美容室を探すとき、必ずホットペッパー ビューティーを利用します。

住んでいるエリアや路線からお店を検索したり、お気に入りのカラー剤(イルミナカラーなど)を使用しているお店を検索することができます。

いくつか気になるお店を「お気に入り」に入れておいて、あとから見返してみると何となくですが共通点がありました。

こじんまりした雰囲気(スタイリストは多くて4人)、落ち着いた雰囲気、カラーを得意とするお店

 

新しい美容室を探すことが面倒だった私ですが、お店を探すときのこだわりポイントを知ることができたのです。

これで、次に美容室を探すときもあまり迷わずに決められそうです。

 

このように、美容室ジプシーになってみて分かることが多々ありました。

 

まとめ

あんなに同じお店に通って、新しいお店を探そうとしなかった私ですが、いざ動いてみると、なんてことはありませんでした。

今の時代、ネットやアプリから新しいお店はいくらでも探せるし、口コミも検索できるし、クーポンも充実しているし…

意外と美容室ジプシーもいいものですよ(^^) いつか本当にお気に入りの美容室と出会えるまでは美容室ジプシーを続けたいと思います。

あと、いいお客さん」にもいつかはなりたいなぁと思います。

この記事を私が行っていた美容室の美容師さんが見たとしたら、「そんな風に思っているなら早く言ってよ(>_<) そしたら改善したのに…」と思うかもしません。

ちょっと気に入らないとか、モヤモヤしていることがあれば、それを伝えることができれば、もっと美容師さんといい関係になれるかもしれませんよね。

美容師さんも成長できるし、結果それが技術として自分に返ってくる。

そんな、いい顧客にいつかなりたいなぁ~なんて心のどこかで思いつつも、しばらくは美容室ジプシーを続けたいと思うのでした。

 

あなたも、そんなに好きではない美容室に、時間とお金と気を使うことをやめてみてはいかがですか?

きっと晴れやかな気分になれますよ♪

今日はそんなお話でした(^^)/